カヤック遠征日記 25日目 −追加 −

 この日はもう一つ衝撃的なことがあった。本橋さんのカヤックベースで久々のシャワーを浴びていたときのこと。

 蛇口をひねると、あたたかいお湯が僕の足下からしみこみ、そのあたたかい感覚が全身に行き渡り、寒気がすーっと背筋からぬけていく。べたついた髪に指をとおす。シャンプーに手を伸ばしたとき、鏡に映った姿が目に入る。そしてもう一度見返す。僕が知らない男の顔。彼の顔はガサガサで、日に焼けて赤くなっていて、その荒れた肌の上に潮がたくさん残っている。僕は蒸気でくもった鏡をふき、そこに映っている男をじっとみる。その顔に手をやり、顔に着いた潮をこすりとる、そして彼の目をじっと見る… これが今の僕… ガサガサの僕の顔が微笑む、これまでのいろいろな経験や思い出とともに僕は人生を歩んで行く。この経験や思い出にただ純粋な感謝の気持ちを僕は今感じている。

Leave a Reply

Required fields are marked *.