Warning: Parameter 2 to wp_hide_post_Public::query_posts_join() expected to be a reference, value given in /home/kayakin3/public_html/Japanese.1000ktoTokyo_GMR/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
ゴミ調査 - 東京まで1000K東京まで1000K

ゴミ調査

この遠征の大きな目的は ある特定の海岸のゴミの調査である… それはカキ養殖用の棒である。これらの 約6インチくらいのプラスチックの棒は日本のカキ養殖の大部分を占める場所として知られる 広島や岡山で使われている。これらの棒にカキをつけて育てる際に使用される。これらの棒の仕組みはとても簡単だ。養殖業者は カキの収穫時期に これらの棒に通されたロープを切って 棒をすべり落とすのである。写真の中に、棒が海岸にまき散らされているのがわかるだろう。特に右下の方に。

Japan Oyster Farm Tubes

日本(瀬戸内海)のたくさんの海岸で何百もの棒が見つかるということからこれはとても重要な問題である。これらの棒はミッドウェイのアホウドリの胃の中からも発見されている。また太平洋のマグロの胃の中からも同様にこの棒が見つかっている。

この問題のおもしろい点は 他の国に責任をおしつける 一般的な海岸漂着ゴミと比べて この棒のゴミがもたらす深刻な環境汚染の問題は明らかに日本がもたらしたものであり、それは 日本の小さなグループ(現在のカキ養殖業)がもたらした問題であり 彼らの収穫作業のやり方を改善する方法を見つけるとが求められるのである。

この文を書くにあたり、この問題については鹿児島大学教授 藤枝 繁氏により調査されており、この問題についての文書を発行している。彼の調査によると 棒は瀬戸内海の海岸に多くあることが表されている。図の中に(短い棒と長い棒の図)瀬戸内海の海岸の棒の分布をあらわしている。“短い棒“の図は特に問題の重要性を表している。なぜなら 最も棒が多く分布している場所が広島湾内に限られているいるの見られるからだ。また棒の漂流について、瀬戸内海の潮の流れが棒を西方向へ運び、豊後水道を経由して太平洋に移動させていくのである。

Untitled 2

Untitled