Warning: Parameter 2 to wp_hide_post_Public::query_posts_join() expected to be a reference, value given in /home/kayakin3/public_html/Japanese.1000ktoTokyo_GMR/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
なぜ - 東京まで1000K東京まで1000K

なぜ

この、”なぜ?”という質問への答えをまとめて簡単に言うなら、”行動する事は言葉よりもずっと重要だからだ… そして私たちは環境を変えるためにそれぞれが行動しなければならない。”

今ここに 約2年前、初めて角島のひどく汚いビーチを歩いたあの日から13回のビーチクリーンを行った現在までの状況について書いたものがあります。私たちは環境問題について 人々の意識を高めるため、日本から韓国までのカヤック遠征や 地域イベントなどさまざまな活動を続け 真剣に働きかけています。

Beach Cleaning Group Picture

2014年7月 私と 遠征カヤッカーとして名高い、原 康司は 日本と韓国 :海洋汚染や漂着ゴミの問題への取り組む上で お互いとても重要な関係にある国同士 との間に 環境保護活動においての両国の友好的なつながりを形成するため 記録上初めて サポート船をつけず 単独での日本から韓国へのカヤックでの横断に成功しました。その日から 私たちは さまざまな新聞社やテレビ番組に、日本から韓国へのかヤッック遠征について紹介され、環境問題についてのスピーチやワークショップも続けてきました。10月30日、私はピース&グリーンボート2014に参加し、私が立ち上げた、ビーチクリーンとゴミアート活動団体、 ライフ・リサイクルの活動についてのプレゼンテーションを行います。

Post Expedition Map Slide 1

このたびの遠征を通して、私たちは 環境保護を訴えるための冒険活動の中で国際的に一丸となって環境問題へ取り組むという意識を高めることができることを確信しました、また 1000キロ離れた東京まで 環境問題をテーマにしたカヤック遠征を行うことで、海岸のゴミの原因調査への協力を広めていけると考えています。

たくさんのビーチクリーンを行ってきた中で、その考えは生まれました。ある日、私はビーチでこれらのたくさんの細い棒を見つけました。それらは 潮の流れで、私たちが清掃する海岸から近い 広島のカキ養殖場から流れてくるのだと聞きました。私が、なぜこれが海に捨てられるのかと聞くと、その明確な回答はありませんでした。養殖業者の収穫などの過程で発生してしまうものだとする人もいれば だれかが不正に捨てていると言う人もいます。どんな理由があるにせよ、この問題は公共の支援を必要とし、取り組まなければならない深刻な問題です。こ詳しい内容は こちらの調査ページをご覧ください。

Japan Oyster Farm Tubes

Leave a Reply

Required fields are marked *.