カヤック遠征日記 24日目

 コックピットが海水でいっぱいになった、ちょっと不安定なビーチランディングを終え、今日の長時間にわたるパドリング終了。僕はカヤックを岩の多いビーチへと引き上げる。歩き続け、タイドラインから離れて行く、足の裏に感じる感触がだんだんと変化して行くのを感じる。岩から砂利へ砂利から砂へと…。この場所を今日のキャンプの場所にした。振り返ると、このビーチには足跡一つなく、他にだれもいない。その光景に驚かされる。ここは完全に無人島でここにいるのは僕一人だけだ。それが分かった瞬間、僕は少しその場に止まって大きく深呼吸し、この経験をかみしめた…水色の空に雲がかかり、まるでさらっと絵の具をぬったっような一面の広い空。山々が海の向こうに顔を出す。高々とそびえ立つ山が地平線へとだんだん姿を消して行く。このビーチはほんの50mくらいの幅しかなく、周りは崖に囲まれている。奥行きは20mくらいでそれより先は生い茂った林:このオアシスは予定していた目的地ではなかったんだけどな。

 漕ぎ始めてから数時間後、遠くにぼんやりと見える半島の形とデッキに取り付けてある印刷した地図を取り、見比べる。姫越山から広がる半島の少し手前に小さなキャンピングビーチがあり、そこを僕の今日の目的地にと決めた。3~5m/sの弱い風が僕の後ろから吹き、波がおどる。そのせいで進むスピードが落ちるが、無理に予定に合わせる必要はない。午後2時半近く、僕は見た目には近づいているように見えるけれど、まだ半分の距離も進んでおらず、思ったよりも目的地までは遠いことに気づいた。左方向を見てみると、大島が見える。一番安全な選択肢は、とりあえずそこへ向かって1時間くらい漕ぎ、3時にそこにたどり着くことができれば、そのまま海岸沿いを漕ぎ続け、最初に決めた目的地まで行く。もしも、予定の時間にそこにたどりつけなければ、島周辺のどこかにキャンプする場所を見つけることにしよう。3時が過ぎたころ、僕まだ海の上、島まではまだ約30分くらいある。思い返すと、2つの大切なことい気がついた。まず、このような遅い時間帯には海岸線に近づいて漕ぐべきだったこと、もう一つは自分が目にしている物体は見た目よりも実際ははるか遠くにあるということ。

Leave a Reply

Required fields are marked *.